人気投稿記事のご紹介
人気投稿記事のご紹介
member

代表取締役社長

社長

2017.9.19

『25歳で必ず悩む3つの出来事とは?』

株式会社uk代表取締役の黒江です。

私が25歳の時に悩んだ事を振り返ってみます。

自分のやり甲斐のある仕事は何か。。。

25歳の時にいつも悩んでいました。

理由としては、仕事が毎日同じ事の繰り返しで面白くない。

毎日先輩に叱られながら、やる気が無くなっていく。

1日16時間働いていて、月の手取りが12万しか貰えなかった。

当時の私は、会社へ行き毎日同じ人と顔を会わせて、同じ作業をし帰宅する。

遅くに帰ってきて、適当にスーパーで安いタイムセール50%の

惣菜や弁当を買う。

夜はTVやレンタルビデオを借りて、適当にドラマをみる。

気づいたら、映画の内容も思い出せず朝まで寝ている。

自分は何のために働いているのか?

自分には能力があって、ちゃんと仕事を任せてもらえれば必ず成功できる。

だからもっと給料をたくさん貰えれば、それなりに仕事はできるつもりだ。

この様な事を毎日考えていました。

もし今あなたが25歳、もしくはその歳に近い方は

同じ悩みを持っているのではないでしょうか?

 

時代は変わっても、悩みは変わっていないとすれば、

それは自分自身の責任です。

私は自分自身の責任だった事に気付いたのは30代に入ってからでした。

その時の悩みを紐解いていきます。

やり甲斐ある仕事は何か?

と、悩むのはズバリ経験値がないから。

転職を繰り返している人は、ずっとこの悩みに直面しています。

キャリアアップの為の転職は良いですが、

全く異業種の仕事に就く方はずっとこの悩みが付きまとってきます

私は今の業界に14年います。

継続してきた経験値があったからこそ会社を創る事が出来ました。

業界に入る前の20歳~25歳までは、

自分の理想論ばかり並べ、出来もしない事ばかり挑戦していました。

当然先輩には毎日の様に叱られていました。

叱られすぎて何が悪いのかすら分かりませんでした。

今思えば、叱られて当たり前です。

理想が高すぎると、現実が見えなくなります。

認められたいので、精一杯背伸びをして自分を良く見せてばかりいました。

仲間を作らず、自己主張の強い普通の若者でした。

20~25歳までは毎日16時間以上働いてました。

正直ダラダラと働いていたし、効率とか全く気にせず働いていました。

取り敢えずある程度仕事をやれば、バレないしやる気がある振りをしていれば、

先輩も褒めてくれると思っていました。

はい。当然先輩からは叱られ、

長時間働く割りに成果は出ていない現状を注意され、残業代もでる訳がありません。

むしろ、残業代を稼ぐ為にダラダラ働いていました。

もし今の自分が25歳に戻るとすれば、

やり甲斐を探すのではなく、与えられた仕事の中から楽しさを発見できる様に努力する。

仕事を効率よく行う為に、チームや仲間をつくり共に行動する。

それが出来ないとすれば、相手の事を応援する。

自分が困った時は素直に相談する。

先輩に必ず毎日自分の行動を報告しアドバイスをもらう。

先輩の飲み会は絶対に断らない。

長時間労働になっている場合は、まず先輩に報告する。

もし会社の環境のせいだとすれば、

業務改善提案書をつくる。

数字根拠でしっかりと現状を分析し、報告する。

無駄を省く努力をし、自分のスキル的に足りないものがあれば、

休みの時にスキルアップの為の勉強をする。

長々と書きましたが、もし25歳の時に今の自分が戻れるなら、

こういった行動を取るでしょう。

25歳という時期は当然悩むし、

出来なくて当たり前です。

今もし悩んでいる方は、まず仲間をつくりましょう。

理解のある先輩に相談しましょう。

それすら出来ないあなたは、私に相談して下さい。

全力で応援し、力になる事を約束します。

関連する投稿記事のご紹介

2017.9.17

Uターン転職で私がukを選んだ理由。

“クリエイティブ”

2017.9.14
かなやん

30歳からのキャリアアップを成功させるシンプルな答えとは?

セカンドキャリアなんて怖くない

2017.9.4
Uchiyama Satoru

経験値は会社に入って稼げばいい

学生の皆さん必見

2017.8.31
Uchiyama Satoru

海外進出への第一歩!

感動は日本から海外へ!

2017.8.14
Oda Misaki

楽しく働くには、仲間の存在は大きい!!

切磋琢磨しあう会社

メンバー

初めまして!

日々精進

メンバー日記

リッツカールトンにまなぶ。

あの高級ホテルで有名な、リッツカールトンホテルに潜入しました。

人財募集!!

あの日の「感動」を何度でも

写真動画配信システム「アンクロート」に寄せられたちょっといいお話。

WORKS

MOVIE SERVICE

私たちは映像制作のトップクリエイターです。
PV制作からウェブ動画、VR動画、ドローン撮影など、
撮影から編集までお任せください。

WEDDING SERVICE

一生に一度のかけがえのない瞬間。
たくさんの人の想いが溢れる一日。

どう「紡ぎ」、
どう「残しますか」?

SCHOOL SERVICE

写真一枚一枚にはそれぞれ意味があり、そこには写真の持つ「力」があります。
撮る時にどういった事を感じ、どう伝えるか?を考え、シャッターを切る。
きっと今までとどこか違うはず!