人気投稿記事のご紹介
人気投稿記事のご紹介
member

チーフ

Sase Etsuko

2017.8.19

営業はものを売ることだけが仕事じゃない

こんにちわ!

東京営業所の佐瀬です。

この夏、東京は記録的な日照不足と雨・・・

とニュースになっているところですが

東京都心の最高気温が37℃という

今では考えられない台風一過のアツい日に

東京営業所は事務所の引っ越しをいたしました(笑)

お手伝いをいただいたuk取締役の皆様やスタッフが

誰一人熱中症にならなくてほんとによかったです。

新しい環境になって、心機一転!

気合が入っている東京営業所です。

 

気合が入っているといえば・・・

今ukは映像制作だけではなく

「映像配信」という事業を展開しています。

簡単にいうと、結婚式当日の感動的な写真や映像を

web上で繰り返し何度でも見られ、購入もできるという新しいサービスです。

https://unklotho.com/

このシステムはukの社名でもある

「un klotho(アンクロート)」と名づけられています。

そしてこのアンクロートを広くお客様にご案内していくのが

「営業」である私の仕事です。

「営業専門」は今のところ私一人ですので

かなり気合を入れて取り組んでいます!

ちなみに「アンクロート」とは「紡ぐもの」という意味です。

 

ところで「営業」と言っておきながらなんですが・・・

私は「営業」という言葉があまり好きではありません。

営業とは・・・「営利を目的として事業をいとなむこと」

会社で仕事をするからには、

当然利益を考えなければいけません。

むしろ追及すべきことです。

それを大前提として

私が「営業」に対して常に意識をしていることがあります。

それは・・・

「ものを売る」のではなく、この人のために、最善の「提案をする」

ということです。

 

「最善の提案」とはもちろん自社の製品をお勧めすること。

だから絶対的に自分のお勧めするものには自信を持っていなければなりません。

責任を持たなくてはいけません。

 

しかし、「最善の提案」は、お客様の思いに添ったものでなければいけません。

だからしっかりと会話をします。

顔を見ながら何度もお話を伺います。

そうした中で徹底的に「最善の提案」を磨いていきます。

時にはお客様のアドバイスで磨かれることもあります。

そういったことを積み重ねた結果、

お客様に喜ばれる「最善の提案」が完成するのだと思います。

そしてそこに信頼が生まれ、お取引がスタートできるのです。

新たな関係が紡がれる瞬間

私はこの瞬間が大好きです。

もちろん「営業」担当としてお取引できることは喜びではありますが

それと同じくらいに良い「提案」ができたことの満足感も味わえます。

 

「最善の提案」を追及することで

新たなお客様とつながりを築く最前線の仕事。

まさに「紡ぐもの」。

これがukでの「営業」の大事な役割だと思っています

 

これからもukの事業はものすごいスピードで展開していきます。

しかも先を見据えて時代に合った「提案」を次々と考え出していきます。

正直、今は言っていることがよくわからない・・・ってこともしばしば(笑)

でも数年後にはなるほど!・・・っと納得するアイデアがいっぱい溢れています。

 

そんな「最善の提案」を生み出せる会社であなたも働いてみませんか?

きっとたくさんの出会いと喜びがあなたを待っています!

映像の技術がなくても、私たちとお客様へ喜びと感動を紡いでいきませんか?

ukで仕事をしてみたい方、絶賛募集中です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連する投稿記事のご紹介

2017.5.17
かなやん

世界中に感動を届ける!伝える!

クラウドファンディング始動!

メンバー

初めまして!

日々精進

メンバー日記

リッツカールトンにまなぶ。

あの高級ホテルで有名な、リッツカールトンホテルに潜入しました。

人財募集!!

あの日の「感動」を何度でも

写真動画配信システム「アンクロート」に寄せられたちょっといいお話。

WORKS

MOVIE SERVICE

私たちは映像制作のトップクリエイターです。
PV制作からウェブ動画、VR動画、ドローン撮影など、
撮影から編集までお任せください。

WEDDING SERVICE

一生に一度のかけがえのない瞬間。
たくさんの人の想いが溢れる一日。

どう「紡ぎ」、
どう「残しますか」?

SCHOOL SERVICE

写真一枚一枚にはそれぞれ意味があり、そこには写真の持つ「力」があります。
撮る時にどういった事を感じ、どう伝えるか?を考え、シャッターを切る。
きっと今までとどこか違うはず!