人気投稿記事のご紹介
人気投稿記事のご紹介
member

代表取締役社長

社長

2017.10.3

挑戦の連続の先に見える景色は何か?

株式会社uk代表取締役の黒江です。

挑戦の連続の先には、「感動」がありました。

皆さんも、今までの間に何かに挑戦したみたことはあると思います。

それは、小さなことから、大きなことまで、人生は挑戦の連続です。

赤ちゃんの時から私たちは、挑戦をし続けているのです。

しかし、大人になっていくにつれて、自己主張やプライドを持ちすぎ、やってもいないのに挑戦することをやめてしまう人もいます。

生まれた時は、ハイハイをしています。

そこから、歩けるようになるまでに、つかまり立ちをし、「歩く」という挑戦を経て歩けるようになっていきます。

自転車を乗れるようになることも「挑戦」です。

車の免許も「挑戦」です。

当たり前に行なっていることでも実は「挑戦」するからできるようになっているのです。

その「挑戦」も一人ではなかなか達成できていないのではないでしょうか?

思い出してみてください。

あなたが「挑戦」してきた時には必ず応援してくれた人はいませんでしたか?

 

さて話は変わりますが、、、

皆さんは山登りした事がありますか?

私は月に2回色々な山に登っています。

 

山登りしている方は、常に頂上を目指し一歩ずつ登っていきます。

山の頂上を見上げる度に、今からこれを登るのかと、ワクワクもあり、不安もあり様々な気持ちで一歩ずつ登り始めます。

山登りをする前には、必ず入念な準備をします。

その日の天候や登山ルートの確認。

その山の情報や地形など。

頂上に到達するまでの距離を計り、

山頂までの登山時間を計算する場合もあります。

この経験は仕事に役立ちました。

新しいプロジェクトを立ち上げる前に、

そのプロジェクトの頂上の先にある「感動」は何かを考えます。

私がプロジェクトを成功させる為の基準は、たくさんの方と喜んだり泣いたりできるかどうかをイメージします

自分自身だけではなく、たくさんの方と感動を共有できるかどうかをイメージします。

イメージが鮮明に描けた所で、

ゴール(頂上)まで辿りつくまでのシミュレーションを行います。

いわゆる事業計画ってやつですね。

これがすごく大事でした。

管理職の方で事業を成功させてる人は、非常に細かい計画を立てています。

勢いよく飛び出して成功している人もいますが、運で成功しているのだと思います。

運も大事ですが。。。笑

年齢を重ねていくと、経験値で色々な判断ができます。

20代前半の時は、体力だけで乗り切ろうとします。

でも、頂上の高さを知らずに仕事をしているので、必ず迷います。

しかし、経験値がある上司がいれば、

後輩を引っ張って事業を成功に導く事ができます。

皆さんは一緒に頂上まで登る仲間がいますか?

一緒に登る仲間がいればいるほど、

頂上まで早く到達できる場合があります。

人がたくさん絡むと、役割が色々とできてきます。問題もたくさん起きます。

意見もたくさん出るので、

リーダーを決めなければいけません。

そのリーダーが役割をきっちり決め、

チームを頂上までサポートしていきます。

人が多すぎて、バラバラで全く進めないチームは役割が明確でないのかもしれません。

または自分の役割が理解できていないのかもしれません。

 

自分の将来について迷ったり不安になったりしている方は、山登りをお勧めします。

自分自身の現在の立ち位置も大事ですが、頂上の先に見える景色が1番大事だと思います。

しっかりゴールのイメージができてますか?

頂上に登ったイメージこそが、

人生を豊かにする為の秘訣なのではないかと感じております。

私は感動のない仕事はしたくありません。

そして1人だけで感動する事もありません。

たくさんの仲間と感動したいです。

一緒に高い山を登りませんか?

たくさん感動して楽しく人生を過ごしましょう!

 

では今からジャカルタに行ってきます笑

関連する投稿記事のご紹介

2017.5.17
かなやん

世界中に感動を届ける!伝える!

クラウドファンディング始動!

メンバー

初めまして!

日々精進

メンバー日記

リッツカールトンにまなぶ。

あの高級ホテルで有名な、リッツカールトンホテルに潜入しました。

人財募集!!

あの日の「感動」を何度でも

写真動画配信システム「アンクロート」に寄せられたちょっといいお話。

WORKS

MOVIE SERVICE

私たちは映像制作のトップクリエイターです。
PV制作からウェブ動画、VR動画、ドローン撮影など、
撮影から編集までお任せください。

WEDDING SERVICE

一生に一度のかけがえのない瞬間。
たくさんの人の想いが溢れる一日。

どう「紡ぎ」、
どう「残しますか」?

SCHOOL SERVICE

写真一枚一枚にはそれぞれ意味があり、そこには写真の持つ「力」があります。
撮る時にどういった事を感じ、どう伝えるか?を考え、シャッターを切る。
きっと今までとどこか違うはず!