人気投稿記事のご紹介
人気投稿記事のご紹介
member

取締役

hisaie tomohiro

2018.8.24

海外で映像の仕事をしたいけど何からやっていいのかわからないあなたへ

こんにちは。

株式会社 uk取締役の久家です。

いつかは映像の仕事で海外で働きたい!

そんな夢を抱いているが、何をすればいいのかわからない。

とりあえず英語は必要だと思うから英語は勉強しないと!

でも、英語は勉強するものの、それ以外はどうすれば海外で働けるようになるのだろう?

海外に渡航し仕事を探すことは不安できない。

映像の知識やスキルもあるわけではないし….

このように、いざ形にしようと考えてみたときにできない部分が先に浮かんで不安になってしまいますよね。

私は、人事なので、面接で「将来は海外で働きたいんです!」なんてことをよく聞きます。

もしあなたが海外で働きたい!とお考えであれば、少し厳しいことを言わせていただきます。

あなたが海外で働く目的って具体的になんでしょうか?

漠然と映像=海外と思っていませんか?

確かに映像は海外の方が優れているように見えますし、実際にそうだと思います。

しかし、漠然とただ海外で働きたい!という目的ではあなたの夢は夢のままで終わるでしょう。

 ukの社長黒江は、自分の夢の中に映画を必ず撮る!という夢を掲げています。

「私は夢を必ず実現できる方法を知っています。その方法とは?」

そしてその夢が現実のもに近づいてきました。

2020年公開「真夜中の子供」そのプロデュサーに弊社代表取締役の黒江が就任いたしました。

具体的に映画の夢を語ってきたからこそ、夢は実現できるものです。

海外で働きたいあなたへまず最初にやってほしいこと

海外で働く夢を持っているあなたに、海外で働く夢を叶える方法を教えます。

まず、上記でも話しているように、あなたの夢を具体的にしましょう。

具体的にするというと難しい!と考えてしまう人もいるのですが、これは旅行に行くときの考え方同じです。

旅行に行くときにあなたは、どんなことから始めますか?

行く場所を決め、何泊するのかを決め、予算を決め、いっ先で何をするのか、どこに何があるのかをリサーチしますよね。

そこまで決まって、旅行に行く為に必要な足りないものを買い集めたりします。

これと同じように、夢をただの夢で終わらせずに、行動に移す為には、まずは、どんな準備をするかではないでしょうか?

英会話を習うことももちろん準備ですが、どんな映像の仕事をしたいのか?

その為には、どんな勉強をすればいいのか?

などを考え、リサーチするのです。

海外で働くイメージを作ることが大切です。

具体的に海外で働く為のリサーチをして行くと、海外で働くイメージが掴めてきます。

そのイメージをより具体的にするのなら、海外勤務地がある会社で働くことも選択肢の一つです。

海外に支社がある会社で働くことであなたの夢に大きく近づき、イメージがより湧きやすく、情報が入ってくるようになるでしょう。

また、志願して海外で働くということもできるかもしれません。

海外で働く夢を持つあなたへ

私たち株式会社ukは、現在急成長中の会社です。

そして、海外の支店も増えています。

オーストラリアのゴールド・コーストにもあり、ジャカルタには現地法人の会社も設立しています。

オーストラリアはこちら→https://www.ukuk.co.jp/goldcoast/

あなたが海外で映像を学びたい!と考えているのなら、そのあなたの夢を私たちにサポートさせていただけませんか?

私たちの仲間になってあなたの夢を共有させてください!

挑戦の連続の先に見える景色は何か?

あなたの夢への挑戦を私たちの仲間と共に乗り越えて行きませんか?

夢をしっかり語れるそんなあなたをukは応援しています!

関連する投稿記事のご紹介

お知らせ

映画「真夜中の子供」について

2020年公開予定の映画 「真夜中の子供」 プロデューサーに弊社代表取締役 黒江圭太が就任しました。

メンバー

初めまして!

日々精進

メンバー日記

About me : )

- はじめまして -

WORKS

MOVIE SERVICE

私たちは映像制作のトップクリエイターです。
PV制作からウェブ動画、VR動画、ドローン撮影など、
撮影から編集までお任せください。

WEDDING SERVICE

一生に一度のかけがえのない瞬間。
たくさんの人の想いが溢れる一日。

どう「紡ぎ」、
どう「残しますか」?

SCHOOL SERVICE

写真一枚一枚にはそれぞれ意味があり、そこには写真の持つ「力」があります。
撮る時にどういった事を感じ、どう伝えるか?を考え、シャッターを切る。
きっと今までとどこか違うはず!