人気投稿記事のご紹介
人気投稿記事のご紹介
member

クルー

Uchiyama Satoru

2017.9.4

経験値は会社に入って稼げばいい

こんにちは、福岡営業所の内山です。

9月に入り自転車通勤にはかなりちょうど良い気候になってまいりました。

また、この9月で私は株式会社ukで働き始めて3年目に突入しました。

前のブログでは2年目と称していましたが

実は、、、

私は学生時代にサポーターとしてukで働いていました。

サポーターってなんだろう?

簡単に言えば、アルバイトやパートのようなものです。

学校が終業後にukに通い当時は制作室がありませんでしたので

平日はオールデーダイジェストの制作簡単な事務処理など

土日には実際に結婚式でエンドシネマを撮影・編集していました。

知識・経験ゼロから始まるサポーター生活

私は映像の専門学校に通っていました。

ある程度のカメラや編集の知識はありましたが、

結婚式の知識は全くありませんでした!

ましては結婚式に出席したこともありません。

そんな人間にこの仕事がちゃんと務まるのだろうか。。。

正直、不安でしかありませんでした。

 

「結婚式を見たことないのに、編集も撮影もできないよね。」

と言うことで研修もかねて実際に式場を見学に行きました。

研修といっても上司の撮影と編集の様子を見学するだけでしたが、

実際に撮影もさせてもらいました。

初めて見る結婚式でたくさんの情報が入ってきて頭がパンクしそうでした。

撮って出しエンドロール

 

撮って出しエンドロールとは、

当日の様子を撮影し、

その場で編集を行い、

結婚式の締めくくりに上映さえる映像です。

研修の際にこの映像を見た時、

感動したことがあります。

それは、

映像を見た人の表情がその場で見ることができる

です。

学生の時にインターンシップでCM制作会社やCG制作会社、映画制作会社など

色々見てきましたが

どの映像も映像を見た人の感動を自分で見ることができない。

そう思いました。

私は自分が作ったものは良くも悪くも、

評価してもらいたいので自分に合ってる仕事だなと最初の研修が感じました。

 

映像の専門学校だから元々できるんだろとか思う人がいるかもしれませんが、

uk内には映像の知識・経験がゼロから入社した人もいます。

その中には社内コンペ受賞者もいます。

知識や経験がないからと諦めるのではなく、

まずは挑戦してみることは大事なのではないでしょうか。

 

最後に私が研修で見たエンドロールを載せておきます。

私が撮影した映像が1カットだけ使われています。

 

福岡営業所 内山

 

 

 

 

 

 

 

 

関連する投稿記事のご紹介

メンバー

初めまして!

日々精進

メンバー日記

リッツカールトンにまなぶ。

あの高級ホテルで有名な、リッツカールトンホテルに潜入しました。

人財募集!!

あの日の「感動」を何度でも

写真動画配信システム「アンクロート」に寄せられたちょっといいお話。

WORKS

MOVIE SERVICE

私たちは映像制作のトップクリエイターです。
PV制作からウェブ動画、VR動画、ドローン撮影など、
撮影から編集までお任せください。

WEDDING SERVICE

一生に一度のかけがえのない瞬間。
たくさんの人の想いが溢れる一日。

どう「紡ぎ」、
どう「残しますか」?

SCHOOL SERVICE

写真一枚一枚にはそれぞれ意味があり、そこには写真の持つ「力」があります。
撮る時にどういった事を感じ、どう伝えるか?を考え、シャッターを切る。
きっと今までとどこか違うはず!