人気投稿記事のご紹介
人気投稿記事のご紹介
member

トップマネージャー

takahashi

2016.8.21

リオオリンピックの映像について

みなさん、こんにちわ。

映像制作ukの高橋です。

 

みなさんオリンピック見ていますか。

私はスポーツが得意でないためか、あまり興味がなく、

日々、YouTubeや撮りためたアニメ、レンタルDVDを見ています。

決してオリンピックを観ることを避けているわけではないのですが…。

 

そんな中、偶然テレビをつけると卓球をやっていて、

ふと気づきました。

「(アジア圏の人の顔が黄色い!)」

これに疑問を持った私は、

すぐに4年前のロンドンオリンピックのことを思い出しました。

その時も同様で、愛ちゃんの顔が黄色いことに疑問を持ち、

これについて、当時テレビ放送について詳しい方が近くにいたので、

聞いてみました。

回答は以下の通りでした。

 

・近年の液晶テレビはクロマ(色信号)の濃度を強くする傾向がある

・ヨーロッパのカメラ設定も元々強い傾向がある

・会場の照明がトップのみからの光が強い

・PAL→NTSCへの変換があり、加えて圧縮したための作用

 

というように様々な悪条件が重なったため、と回答をもらいました。

 

ネットでも調べてみたのですが、同様の事例が出てこなかったため、

備忘録も兼ねて、今回ブログに書かせていただきました。

テレビのメーカーやパネルのブランドでも

見えかたがことなるようなので、

すべてのテレビに当てはまるわけではないようですが。

 

2012年に比べると改善されている感もありましたが、

みなさんのテレビではどのように映っていますか。

ちょっと変わった目線でのオリンピックをお届けしました。

関連する投稿記事のご紹介

お知らせ

映画「真夜中の子供」について

2020年公開予定の映画 「真夜中の子供」 プロデューサーに弊社代表取締役 黒江圭太が就任しました。

メンバー

初めまして!

日々精進

メンバー日記

About me : )

- はじめまして -

WORKS

MOVIE SERVICE

私たちは映像制作のトップクリエイターです。
PV制作からウェブ動画、VR動画、ドローン撮影など、
撮影から編集までお任せください。

WEDDING SERVICE

一生に一度のかけがえのない瞬間。
たくさんの人の想いが溢れる一日。

どう「紡ぎ」、
どう「残しますか」?

SCHOOL SERVICE

写真一枚一枚にはそれぞれ意味があり、そこには写真の持つ「力」があります。
撮る時にどういった事を感じ、どう伝えるか?を考え、シャッターを切る。
きっと今までとどこか違うはず!