人気投稿記事のご紹介
人気投稿記事のご紹介
member

取締役

かなやん

2017.10.3

岐路に立った時、人はどう判断すべきなのか?

「チャンスではなく、チョイス(選択)が人間の運命を決める」

(グラシアン)

 

こんにちは、uk取締役のかなやんです。

 

◯コンビニで飲み物を買う時、迷いますか?

◯レストランで注文する時、すぐに決められますか?

 

ずいぶん前に聞いたことがあるんですが、大体の人はコンビニでドリンクのコーナーに立って2、3秒後にはどれにするかを実は決めているそうです。

いやいや、もっと迷うって!と思いますが、その迷ってる時間は後付けなんですって。

 

人生って、選択の連続です。

一日の中で朝起きてから夜寝るまで、人はあらゆることを選択しています。

・ベッドから出て、どっちの足を先に床に置くか。

・どの服を着るか。

・どのルートで通勤するか。

・どの仕事から始めるか。

・どんな提案をするか。

・ディナーは何にするか。

意識的に行うこと、無意識のうちにやっていること。

また、自ら選択可能なこと、選択の余地がないこと。

さまざまですね。

 

でも選択の機会があまりにも多過ぎるので、私はできるだけそこに時間は使いたくないと思っています。

スティーブ・ジョブズのパクリです。

一回にたった3秒の選択時間でも、積もり積もれば膨大な時間になります。

なので、できる限りシンプルに答えを出したいと常に思っています。

・その仕事は、やりたいのかやりたくないのか?

・それは、誰かを喜ばせることができるのかできないのか?

・目の前に座っている求人の応募者に、私の全てをかけることができるかできないか?

 

そして、私自身の最大のルールは、

「迷ったら辛(つら)い方を選ぶ」です。

もちろん仕事効率で考えると楽な方、簡単な方を選ぶべきです。

でもそこにこだわる必要がない場面では、私は絶対にキツい方を選びます。

その方が経験を得られるからです。

 

では、なぜ辛い方が良いのか?

 

「試行錯誤」するからです。

平坦な道よりも、上り坂、山、壁があれば、人は「工夫」しようとします。

方法を考えます。

アイデアを絞ります。

道具を探します。

力になる何かを探します。

「若い時の苦労は買ってでもしろ」私はこの言葉には一理あると思います。

経験済みの先輩に聞いてサクッと答えが得られれば、そりゃ効率は良いでしょう。

すぐに次の仕事に取りかかることもできるでしょう。

でも問題解決能力がいつまでたっても身に付かないので、自分で考える方法・手法が分からないままです。

毎回その先輩を頼らなければならなくなってしまいます。

でも試行錯誤することを覚えると、それは無限に応用できます。

考え方のコツを掴むからです。

「あの時はこの方法で解決できたから、今回の問題にも使えるかもしれない」

そう思うことができたら、それは効率が上がるばかりではなく、問題や壁を超えること自体が楽しくなってきます。

そうなったら儲けものです。

 

小さい頃に読んだドラえもんの話で、こういうのがありました。

のび太がドラえもんに、A地点からB地点まで、早く行った方が良いに決まってる、どこでもドアを出せ、と言います。

ドラえもんはのび太にこう言います。

「飛行機であっという間に移動した人は、到着してから色んなことをすることができる。」

「電車に乗ってゆっくり移動した人は、たくさんの景色を見ることができる。」

結局、どっちだって良いんだよ、ということだと私は解釈しています。

要は、

どっちを選ぶかはその人次第。

選ぶことよりも、選んだことを大切にしなさい。

という教訓だと捉えています。

(もし違っていても許して下さい。)

 

そういうわけで、私は辛い方を選びます。

あとで「辛いな〜」と思っても、選んだのは自分自身なので文句も言えませんし。

 

ウチのスタッフに質問されたら、私は必ずこう答えます。

「あなた自身はどう思ってるの?」

最初から答えを求めるな。考えろ。やってみろ。

 

選んだら、あとはやってみるだけです。

全てはシンプル。

 

あ、ちなみに私はレストランでは店員さんが来るまでメニューは決められないタイプです。

 

かなやん

関連する投稿記事のご紹介

2017.5.17
かなやん

世界中に感動を届ける!伝える!

クラウドファンディング始動!

2017.8.1
かなやん

「何をやるか」より「誰とやるか」で仕事を決定すべきたったひとつの理由

「続く仕事」のヒントとは?

2017.8.12
かなやん

日本全国・世界を股にかけて、キャリアアップ・スキルアップを目指したいあなたへ

旅先に馳せる想い

2017.8.23
かなやん

チームで作り上げるもの

〜uk流合宿とは〜

2017.9.2
かなやん

日々目の前に感動は潜んでいる!そこに気づき映し出すことが感動につながっていく!

一番身近な人に気付かせてもらった感動

2017.9.14
かなやん

30歳からのキャリアアップを成功させるシンプルな答えとは?

セカンドキャリアなんて怖くない

お知らせ

映画「真夜中の子供」について

2020年公開予定の映画 「真夜中の子供」 プロデューサーに弊社代表取締役 黒江圭太が就任しました。

メンバー

初めまして!

日々精進

メンバー日記

About me : )

- はじめまして -

WORKS

MOVIE SERVICE

私たちは映像制作のトップクリエイターです。
PV制作からウェブ動画、VR動画、ドローン撮影など、
撮影から編集までお任せください。

WEDDING SERVICE

一生に一度のかけがえのない瞬間。
たくさんの人の想いが溢れる一日。

どう「紡ぎ」、
どう「残しますか」?

SCHOOL SERVICE

写真一枚一枚にはそれぞれ意味があり、そこには写真の持つ「力」があります。
撮る時にどういった事を感じ、どう伝えるか?を考え、シャッターを切る。
きっと今までとどこか違うはず!